クリックするとシンポジウムの資料をダウンロード出来ます。


 

日にち 平成25年5月18日土曜日

模擬避難所開設 9時~13時

9:00 ~ 9:30 簡易ベッド搬入         ~セッツカートン
9:30 ~ 11:00 簡易ベッド組み立て訓練      ~吹田市民
11:30 ~ 13:00 簡易ベッド展示と雑魚寝比較体験 ~自由参加
10:00 ~ 13:00 炊き出し配給訓練          ~吹田市防災
11:30 ~ 13:00 災害用バスシャワー展示体験      ~ヒラカワ

出展企業

災害用バスシャワー    ㈱ヒラカワ
防災グッズ        ㈱ロゴスコーポレーション
防災グッズ        オルウィン㈱
避難所用         パーテーションレンゴー㈱
防災協定申し込みデスク  セッツカートン㈱
避難所用トイレ、手すり  日本セーフティ㈱

シンポジウム  13時~14時30分

開会挨拶
吹田市長   井上哲也氏
関西大学学長 楠見晴重氏

講演内容

①“避難所の静脈血栓症(エコノミークラス症候群)と簡易ベッドの必要性:
新潟県中越地震~東日本大震災及びイタリア北部地震における検討”

新潟大学災害復興科学研究所講師、災害復興科学研究所研究員 榛沢和彦氏

②“二次健康被害を防ぐ避難所の提言!石巻でのDVT調査と簡易ベッド健康調査”

石巻赤十字病院呼吸器外科健診部長、東北大学医学部臨床准教授 植田信策氏

③“東日本大震災の現場、松原苑のその日”

陸前高田市老人福祉施設松原苑 介護次長 尾崎洋一氏

④“福祉避難所での簡易ベッド使用経験から”

理学療法士  横瀬英理子氏

⑤“被災者支援と避難生活”

関西大学社会安全学部准教授  菅 磨志保氏

⑥“災害時における簡易ベッドの供給スキームについて“

Jパックス㈱代表 水谷嘉浩氏

休憩 14時30分~14時40分

パネルディスカッション 14時40分~16時10分

● 基 調 講 演
“防災・減災研究から見た安全な避難所のあり方”
関西大学社会安全学部准教授 越山 健治氏
● 座     長
新潟大学大学院呼吸循環外科講師、災害復興科学研究所研究員 榛沢 和彦氏
石巻赤十字病院呼吸器外科健診部長、東北大学医学部臨床准教授 植田 信策氏
● アジェンダ
①“避難所における居住環境の標準化
・・・雑魚寝から簡易ベッドへの転換と災害後のフェーズに分けた望ましい避難所環境”
②“福祉避難所における介護環境の改善
・・・要介護者と支援者にとって望ましい介護環境”
③“災害後慢性期の仮設住宅における二次健康被害のレポート”
● 総合討論
4 会場中継

パネリスト

吹田市議会議長 竹内 忍一氏
関西大学社会安全学部准教授 菅 磨志保氏
関西大学社会安全学部准教授 越山 健治氏
大阪府災害対策課長 芳本 竜一氏
陸前高田市老人福祉施設松原苑 介護次長 尾崎 洋一氏
東日本大震災支援プロジェクトPCAT 理学療法士 横瀬 英理子氏
J パックス株式会社 水谷 嘉浩
佐賀大学文化教育学部教授 北川 慶子氏(第2会場)
佐賀大学大学院教授 大串 浩一郎氏(第2会場)
新潟大学復興科学研究所准教授 卜部 厚志氏(第3会場)
盛岡市立病院診療部長兼神経内科長 佐々木 一裕氏(大槌町仮設住宅検診会場)

閉会     16時10分
総括  ストップザ雑魚寝!実行委員長 榛沢和彦


会場への交通アクセスはこちら

 

クリックするとシンポジウムの資料をダウンロード出来ます。